酸素系漂白剤で浴室の壁そうじ

こんにちは。
たれめうさぎです。

昨日は
夫が自室で仕事していたので
私も何かしないと
と色々考えた挙句
6月の目標(←!)の残りの
浴室の壁そうじをすることにしました。

今回は
酸素系漂白剤(大さじ2)と40℃のお湯(大さじ8=120㏄)
でそうじします。

今回掃除するのは
一番汚れがひどい
ボディタオルをかけてる面と
棚がある白い壁部分。

移動できる物たちを移動。

事前にメモっておいた流れをもとに
まず40℃のぬるま湯を作るために少量のお湯を沸かし
熱いけど触れるかなぐらいで火を止め
酸素系漂白剤+ぬるま湯を混ぜ溶かし

刷毛で壁の上の方から塗っていって
その上からラップを貼っていきます。

ただ
暑かったので
扇風機を自分に当てながら作業をしてたのですが
ラップが風になびいてくっついてしまう( ̄□ ̄;)ヒーため
扇風機がよけながら作業をしました。(扇風機意味なかった)

刷毛は細かいところが特に便利。

コーキングのかびてるところは
キッチンペーパーを3等分くらいにして
液に浸して

貼って剥がれないようにその上からラップを貼ります。

でももっと小さくて良かった。
次回は6等分くらいでいいかも。

今回壁と床の境目に石鹸カスがあったので
ちょうど垂れた液が溜まっていたので刷毛でならして
境も覆うように塗ってラップしました。

塗る液が残ったので
浴槽の手前と右のかびてたコーキングにも塗りました。

今回は6時間半放置しました。

ラップを剥がしても
薄い黄色い色や黒い色はまだついていました。


分かりづらいですけど
矢印の下が前回ラップしてそうじしたところです。

でもバスブラシでゴシゴシこすったら

色が取れました!

下と色が同じになりました✨

こびりついててブラシで落ちなかった壁の汚れは
マイクロファイバーでこすったら取れました!

でもなんか固まりのは取れませんでした・・・。

でもコーキングの黒カビは薄くなりました。

before

after

before

after

afterのみ

この扉の横のコーキングが一番取れました!

一番手強いカビは取れませんでしたが・・・。

before

after

前回掃除してラップしたところの境界線も
わからなくなりました!

でも
石けんが置いてある棚付近の壁は石鹸カスが結構ついてたみたいで
触るとザラザラで結構ブラシでゴシゴシこすりました。

あと
ラップがちゃんと貼りついてなかったところとか
まだらになっているところがあって・・・

そこもこすりましたが取れませんでした。

今朝乾いてから見てると

まだらが顕著・・・( ̄Д ̄;)

でも全体を見ると相当きれいになったので

今回はここまでということで
元通り・・・。

次はもうちょっと酸素系漂白剤の量を増やそうかな。

 

有名ブロガーさんの影響で最近手ぬぐいで体を洗ってみてます。
固形石鹸を使ってますが泡立ちもよく普通に洗えてます。
試供品のボディソープは量をケチったからか泡立ちが良くなかったですが・・・。


濱文様 てぬぐい 豆まめだるま

切りっぱなしなのでほつれてきますが
何度か切れば落ち着いてくるそうです。(私はそのまま)

疲れない掃除の仕方を追及?しているのに
気づいたら寝る時
足&腕がだるかった・・・。

↓クリックしていただけると嬉しいです  🙂   
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。