水拭き掃除ロボットブラーバジェットm6レンタルしてみました

※汚画像あります。

こんにちは。
たれめうさぎです。

増税前に
それまで悩んでいたものを色々まとめて買おうと思っていたものの一つに
スティック掃除機がありました。

手首がすぐ腱鞘炎気味になってしまうこともあり
重い掃除機が嫌いで
今まではほうきとクイックルワイパーで床掃除をしていたのですが
クイックルワイパーですらひねる動作で手首が痛くなってきてしまったので( ̄▽ ̄;)
最近はもっぱらほうきで掃いていました。

でもほうきだとやっぱリチリとかの細かいごみは取り切れないので
雑巾がけをしなきゃと思いつつなかなかできないでいました。

そして夫は自分の部屋を掃除する時は雑巾がけをしているようで
夫はずっと掃除機を欲しがっていたので
スティック掃除機なら買ってもいいかなと思うようになっていました。

ほうきでは多少のごみの取りそびれはいつもあるので
スティック掃除機の購入では吸引力はあまり重視してませんでした。
夫も吸引力についてはそこまで気にしていないようなので
第一条件は軽いことでした。

そしてお店に行って色々話を聞いて
これかな~と目星をつけて一旦家に帰ってきて
ネットでも調べてたのですが
そこでブラーバのことも出てきました。
ロボット掃除機のことはそれまで全く頭にありませんでしたが
レビューとかを読んでるうちに
「雑巾がけを毎日してくれるってめちゃ良くない・・・✨?」
と思ってしまったのです。
だっていくら掃除機を毎日かけても
雑巾がけをした時のさっぱり感には勝てないから・・・。

何年か前にブロガーさんがブラーバを絶賛してたのですが


床拭きロボット ブラーバ390j
(正確に言うと380jを紹介してましたが、390との違いは付属品だけなので本体は同じ)

今回ぐぐって見つけたブラーバはその記事で見たブラーバと形が違っていて
改良されて今はこの形なのかと思ってたのですが
実は今年の7月に発売されたばかりの型の違う最新のブラーバでした。


ブラーバ ジェット m6

でもその最新のは高いから買うのはちょっと・・・
と思ったらレンタルがありました!

レンタルもそれなりな金額でしたが
1回使ってみないと分かんないよねと思って
思い切ってレンタルすることにしました。

私が借りたのはRentioというサイトで
レンタル期間は14泊15日。
他に最低3ヶ月~というプランもありましたが
2週間あれば機能が分かるのに十分だと思って14泊の方にしました。

そして届いたのが9月16日。

取説のほかに返却用伝票と返却用テープも入っていました。

同梱リストとレンタルの手引き。

付属品は使い捨ての乾拭き用シートとウェット用シートが1枚ずつ。

早速乾拭き用を装着。

充電します。

充電が完了したら早速スイッチオン。

階段はちゃんと感知して落ちたりしません。

ちょっとした段差は

乗り越えられました。

多少ガンガンぶつかりながら

そうじしにくい棚の下にも入り込んで拭いてくれました。

20畳くらいを1時間くらいでこのくらい。

一応ブラーバをかける前にほうきで掃いたんですけどね・・・( ̄▽ ̄;)

間髪入れずにウェット用を装着。

タンクに水を入れて

スイッチオン。

少し進んで後ずさって水を噴射してまた進む

という感じです。

水拭き後。

割と濡れてます。

割とさらさらしたPタイルはこんな感じ。

ウェットも同じく20畳くらいやりました。

外か?というくらい汚れてました( ̄▽ ̄;)

こういう隅っことかは苦手みたい。

ところどころ小さな埃の固まりもありました。

before忘れましたが
新しめの汚れは取れました。

割と古めな汚れは取れませんでした。

付属は使い捨てが1回ずつ分しかなかったので
迷いましたが
これ以上何もないとせっかく2週間借りたのにもうそうじできないので
使い捨てはもったいない気がしたので
洗えるパッドを別のサイトで購入しました。(高かったけど)

つづきはまた次回・・・。

↓クリックしていただけると嬉しいです  🙂   
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。